| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

猫と巡るロンドン

ロンドンを離れて数年が経ちますが、ロンドン関連のものやハナシには今でもやっぱりピピピッと来ちゃいます。


娘が産まれる前、義母が娘に送ってくれた絵本の中にロンドンを舞台としたものがありました。
はじめて開いた時、彫刻嫌いの私にとっては超苦手なイラスト=ライオンの石像が目に飛び込んで来て

うっ。。。。。

と詰まった絵本なのですが、これが娘的に大ヒット

DSC04492_Snapseed.jpg

ふふふ、題名とイラストでなぜだかわかりますか?

Tabby(縞縞柄)+
Mc(スコティッシュとかアイリッシュ系の名字に多い)=タータンチェックのネッカチーフ巻いた

猫のTabby McTatのお話なんです♪


結構話が込み入ってて、ベビーむけというよりは幼児向けなのですが、娘は2、3ヶ月の頃からじっと絵を目で追って、最後まで飽きずに見てました。
娘が好きなら、、、と毎日読み聞かせしているうちに、イラストも正視できるようになり(笑)
それが功を奏したのか(?)現実の彫刻もほんの少し気にならなくなってきました。
それでもまたトラファルガーのライオン達は絶対見れないんだけど。



Tabby McTatはバスカーのフレッドじいさんの猫、
ふたりでいつも通りにたってお気に入りの歌を歌ってた、、、


という書き出しではじまるお話。

ひょんな事から、マクタットとフレッドじいさんはお互いを見失ってしまってしまいます。
そしてマクタットには新しい人生(猫生?)が拓けるんだけど、やっぱりフレッドじいさんが忘れられなくて、、、


ロンドンの「どっかでみたような風景!」を背景に、ストーリーは展開します。
DSC04501_Snapseed.jpg

DSC04587_Snapseed.jpg

特別どこってモデルがあるようではないけれど、夫と二人「ここは○○っぽいよねー」「いやいや△△地域でしょ」と推測するのも楽しみの一つです。

そして物語の大詰めはサウスバンクが舞台!
DSC04502_Snapseed.jpg
セント・ポール寺院、見えますか?

この風景を見ながら、夫とふたり、何度この遊歩道を歩いたことか。。


娘に読み聞かせしながら、ふたり、楽しい事も苦しい事もいっぱいあった思い出のつまったロンドンをしみじみと再体験しています。

ちなみに読書モデルを務めてくれた長靴猫のぬいぐるみジャイルズくんはドイツのシュタイフ製。
でも出会ったのは、はるばる海を渡った夫の実家近くのど田舎のベビー洋品店でした。
一目見るなり娘がぎゅっと抱きしめて離さないので、義母が購入してくれたのですが、それ以来うちにあったどのぬいぐるみよりもお気に入りになり、毎朝起きると目で探すほどです。

猫好き度、着々と上昇中です。ふふふ^^

あ、ちなみにふくろうののび太もまだまだ大好きですよ!



ブログ訪問ありがとうございます☆うれしいです。
読み逃げばっかりでごめんなさーいっ
でも時間の合間をぬって皆さんのブログにお邪魔するのが、とってもいい気分転換になってます♪感謝!
スポンサーサイト

| 紹介 | 09:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ジョーズ襲来(ブログぼちぼち再開します☆)

お久しぶりの更新です☆
おさぼり中もちょこちょこ覗いてくださった方々、ありがとうございました。


実は、月雲亭に新メンバーが加わりました!
7月3日、娘が誕生、これまでの月雲亭の静かで穏やかな暮らしが一変しました。。

新生児って、大きな声ではまだ泣けず、ホェホェとかいうんじゃないの??という予想はおおいにはずれ、産まれた瞬間から耳をつんざくボリュームでガンガン泣いて助産師さんも苦笑した元気な娘に、退院前は「猫ズ大丈夫かなぁ。。。ストレスでう○こ爆弾とか落とされたらどうしよう。。。」とひたすらドキドキしました。

Tsuki looks concerned
な、なんやこの大音響は!!!

これまでマミーとダディーに甘やかされてきたTsukiは、娘がお家に来て3日ほどは、娘を抱いていると1、2メートル離れたところにちょこんと座って目をいっぱいに見開いてじっと見つめてはトボトボと立ち去るというのを繰り返してて、その健気な姿に思わず「Tsukiちゃん、ごめんね。。」と何度も泣きながら謝ってました。。
それでも2、3日たつころには普段通りのTsukiになってくれ、今のところ、う○こ爆弾などの抗議活動はなしなので、とりあえず、ほ。。。としてます。

びびりのくせに、けっこう大胆なところのあるKumoは、意外とすんなり娘の存在に慣れてくれたみたいです。
というか、泣いてないときは娘の存在を忘れてる気がする。。

Kumo musume
ん?あんた、だれ??


娘が加わって3週間ほどすぎましたが、真夜中の授乳中そばで「モフるー?」とお腹を見せてくれるKumoや、娘の眠るゆりかごの下でガード猫化するTsukiの姿を見るたびに、Tsukikumoがいてくれて良かった!!!としみじみ感じてます。
早く娘が大きくなって一緒に遊べるといいなーー!きっとひつこくかまって怒りのシャーとかされるんだろうなぁ。。



さて、6月後半は来るべきジョーズ襲来娘誕生にそなえて、猫ズの遊び場兼避難所作りに精を出した夫。
ストーブの上を横切る猫ポールは、カーペットを買った際に巻き付いてきた段ボール材ポールに麻縄をぐるぐる巻き付けて作った夫自慢の一品です。^^

Kumo and Tsuki new toy

最初はおっかなびっくり登っていた猫ズですが、Kumoのほうはそのうち慣れて調子にのってバリバリしたら落ちかけたことは内緒です

Giddy Tsuki
しっかり見てたもんね


Kumo portrait
あれは、お猿のマネをしてぶら下がってみただけ。

その割には、目がパニクってたよー

その他にも、リビングの壁に猫ズが乗っても大丈夫な棚を取り付けたり、赤ん坊と猫ズの共同生活が少しでも猫ズのストレスにならないように、、、と「巣作り」に励んでました。^^
完全室内飼いだからこそ、猫ズと赤ん坊の共同生活はできるだけストレスフリーにしてあげたいもの。
これからも試行錯誤が続くと思いますが、ちょこちょこ紹介できればいいなと思ってます。


しばらくは、ブログ更新がまたまたのびのび&読み逃げ祭り大開催になってしまいそうです。ごめんなさいね。

| 紹介 | 12:54 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

頂き物☆

えぇ〜とかなり遅くなっちゃったのですが、
先月Kotoraさんが月雲亭に来てくれた時、おみやに頂いたものです♪

Kumoちゃん、これなんだと思う?

Kumo with feathers
何だか分からないけど、ウマそうだぁ

Tsukiちゃん、これなぁんだ?

Tsuki with feathers
なんや噛みごたえがあるで!

これはね、Kotoraさんがおもちゃにってくれた鳥さんの羽根だよ〜〜
大切に遊ぼうね〜〜っ

袋に入ったままでも猫ズ大興奮だったので、きっと大ヒットしそうな予感!^^
ほかにも、美味しそうなウェット&ウニ玉までいただいちゃって。
ちなみにウニ玉もウェットももっといっぱい頂いたんだけど、ウニ玉の方は、Kumoの宝箱(=ソファーの下)にはいっちゃってるのがいくつか、ウェットは写真撮る前に猫ズのお腹に収まってしまったのがいくつか。^^;

Gift from Kotora_san

Kotoraさん、ありがと〜☆☆


続いては、アメリカはカサランドのanemoneさんから『ザ・黒缶便』が届きました!

日本の猫ごはんはどれも美味しいけれど、何でも黒缶はすごいらしい〜って噂には聞いていたんですが。。
『黒缶』をこよなく愛するanemoneさんの愛猫みこちゃんが食事制限でたべれなくなっちゃったので、とわざわざアメリカから沢山いただいちゃいました☆

Gift from Anemone_san
匂う匂う〜ウマウマが匂う〜

人間用は、リップのかたちの絆創膏までいただいてしまって。^^
これは夫に使っちゃろ!!ふふふ〜

anemoneさん、ありがと〜♪

Kumo posing
ウェットらぶ〜〜♥

>> Read More

| 紹介 | 22:49 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Invitation to Norfolk ノーフォークへの誘い

今週末は、夫の実家のあるノーフォークへ行ってきました。

果てしなく続くMarshes(湿地帯)、さらさらした砂の続く海岸、なんとも平和な風景が広がる海沿いでは、名物のクローマー蟹やロブスターなどこれからの季節は海の幸がマンサイです。

今回は義父がヨットの練習に出かけていたBlakeneyと呼ばれる海岸村へやってきました。このあたりは、自然保護区域も多く野鳥王国でもあります。

Blakeney photo 6
沖合に生息する野生のアザラシ観覧船。これから夏にかけてがシーズンです。

Blakeney photo 1
午後7時頃。満潮にのってヨットたちが静かに港へ帰ってきます。

Blakeney photo 3

Blakeney photo 4

Blakeney photo 5

Blakeney photo 7
午後8時過ぎてもまだほんのり明るいです。海岸から帰る道は一面の菜の花畑でした。

自然いっぱいを心と身体に吸い込んで(鳥のコーラスで朝5時には起こされましたが、苦笑)生のエネルギーが充電された小旅行でした。


我が家に帰り着くと、、、

Tsukikumo looking through
お〜そ〜い〜〜〜!ご〜は〜ん〜まだ〜〜?!

はいはい、ごめんね。お利口にお留守番してくれててありがとう。



写真のサイズ、なんとなく落ち着かないので元に戻してみました。(笑)
どうかしら?

❀❀❀ノーフォーク(勝手に)広報隊です!❀❀❀

ノーフォークは、グレートブリテン島の東につきでた「おしり」部分(イースト・アングリア地方)の北部をさします。ロンドンから車/電車で2時間あまり、自然にあふれた優しい風景がどこまでも広がり、古い村々は開発の波にさらされながらも、古き良き英国を今に伝えています。Blakeneyがある海岸一体へは最寄り駅King's LynnからCoast Hopperと呼ばれるバスも出てます。古いヴィクトリアンハウスなどを改造したホリデー・コテージもノーフォーク一帯に豊富にあるので、2、3日の小旅行から滞在型ホリデーまでこれからの季節にお薦めで〜す♪英国王室の離宮サンドリンガム宮殿があることでも知られてます。



| 紹介 | 21:54 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

謹賀新年 2011

Kinga Shinen 2011 Kumo

Kinga Shinen 2011 Tsuki

明けましておめでとうございます。

先エントリーの写真たちは、クリスマス&年越しをすごした雪のブリュッセル風景でした!
数日離れてただけなのに、KumoもTsukiも増々増毛(それとももしかして…太った??)していてびっくり。しかも、年始早々ダブルで「運」がついてました。。。(笑)

そんなちょっと間抜けな月雲亭ですが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
<(_ _)>

| 紹介 | 20:33 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。