<< 2015-03- | ARCHIVE-SELECT | 2015-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

弾丸トレイン子連れ旅記 その2京都編

新幹線から一歩降りた途端、そこは別世界〜♪

「きょぉとぉ〜、きょぉとです。」

というアナウンスにもうそれだけで、「帰ってきたな」と思わせてくれるましたよ〜。久しぶりの京都

少し前に東京から京都へ転勤となっていた弟夫妻が出迎えてくれて、京都市郊外へ向かう、、、

ところ、

カメキチの夫、こんなところで寄り道という予想外の行動に!

ここはどこでしょう〜?(笑)

Yodobashi Kyoto

実は、私がちょっとした電化製品を買いたいんだけど、、、と言ったところ、弟がYodobashiがあるで〜と案内してくれたんですけど、私の用事そっちのけで夫は目がキラキラ

そこそこレンズを試して満足したところでほっておいたら一日中居座りそうだった夫を無理やりレンズ陳列棚からひっぺがし、北に向かいました。

地下鉄とバスとお迎えバスを乗り継いでたどり着いた場所は、

きょぉとぉ〜おおはらさんぜんいん〜♪

で有名な京都のプチ秘境、大原です。



あ、お宿は、三千院近くでなく寂光院近くでしたが。

弟夫妻と一緒に過ごせる時間なんて滅多にないし、夫のニッポンの田舎が見たい!という非常に適当な希望を叶えてもあげたかったので、どーしようーと思ってたら、この歌を思い出して、、、ってことでもないのですが、奈良に生まれ育ちながら実は、初の大原訪問だったんです。

宿泊した大原山荘は、お部屋も広く、露天風呂も風情があって、貸切にさせてもらった内風呂も広々、食事も美味しくと大大大満足のお宿でした♪

Ohara sanso

2月は牡丹鍋がシーズンとのことで、一泊あけた次の日のお昼には、弟妻方の家族がわざわざ大原まで来てくれて、牡丹鍋ランチ会もさせてもらいました。
足湯カフェもおしゃれだし、楽焼体験もできるみたいだし、大原山荘、いろいろな魅力がつまった不思議なお宿でした。

まさか、雪の露天風呂とかそんなうまくはいかないよねぇ〜なんて冗談で話してたら、ほんとに雪が降るなか、雪景色を見ながら露天風呂だったのでもうびっくり〜!

翌日朝は、お宿から歩いて数分の寂光院へお参り。
寂光院は、10数年前の火災で大被害にあってしまったのですが、それから再建され、また優雅な姿を見せてくれてます。深々と静かで穏やかな時の流れを感じるお寺でした。

Ohara_1.jpg
再建された本堂

Ohara_2.jpg

Ohara_3.jpg

Ohara_4.jpg
火災被害にあった「千年姫小松」

本堂で、丁寧な説明をしてくださった女性がとても品がいいなかにも、ザ・京都人!という方で(わかる人にはわかるかしら?)かなり鋭い突っ込みが、なんとも素敵でした。。

午前中だし雪も降ってたからか、参詣者もほとんどなく、背中におんぶ紐だった娘が寝てくれたのもあって、ゆっくりと見て回れました。

牡丹鍋ランチ会のあとは、いよいよ大原三千院に向かったのですが、ちょっと長くなってきたので後編に続きます。

(続)





スポンサーサイト

| 一時帰国 | 22:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。