<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

たび支度(1年前の経験談です。^^)

イギリス→ドイツへの猫ズとの引っ越しについて書こう書こう、、、と思ったまま、その時々で状況って変わるし、情報もどんどん古くなっていくし、、、と1年たってしまいました。

今、利用した航空会社KLMのホームページを1年ぶりに見てみたら、えええっというくらい情報が変わってしまってます。6キロまでなら機内持ち込みができる、というのは同じなのですが、あくまでも私の経験は、2011年時点の事情だと、ご理解くださいね。

一番の違いは、2012年1月から英国へのEU圏内からのペットの自由移動が可能になった事です。
英国がEU諸国間ですでに承認されていた動物の移動に関する法を採択したからだと思いますが、ただ今年の3月の時点で、英国行きの機内持ち込みのペットはまだ不可能とのことだったので、チェンジが航空会社に反映されるのはもうしばらくかかるかもしれません。

ちなみに現在の猫ズは、キャリーに入れたら絶対6キロ越えなので、万一イギリスに連れ帰ることになっても、機内持ち込みにするのは無理そうです。。


Tsuki in pensive gaze
なんだかキャリーが小さくなってん。。




☆以下、去年の引っ越し直後に下書きまで書いておきながらアップしなかった記事です。よかったら一経験談として読んでもらえるとうれしいです。☆

引っ越しにあたって一番気がかりだったのは、Tsukikumoをどうやって運ぶかでした。
幸い小型ペットの場合飛行機内に持ち込む事ができるフライト(キャリー込みで6kgまで)を見つける事ができ、乗り継ぎで時間はかかるけれどKLMを使う事にしました。

(※追記:最近からブログ訪問頂いている方へ
私たちは元々はロンドンに住んでいましたが、引っ越し前の2ヶ月くらい夫の実家があるノーフォーク州に滞在していました。ですので、ノリッジという小さな空港からアムステルダム乗り換えでシュトゥットガルトというルートを利用しました。人間一人につき一匹は機内持ち込みOKだったのですが、夫は一足早くシュトゥットガルトに行ってしまっていたため、義母が一緒に来てくれました。)


Tsukikumoはどちらもまだ小さめなので6Kgでいけそうとのことで、カスタマーサービスにまずノリッジ→シュトゥットガルト間の行程では、ペットを乗せれるかの電話しました。その時点ではフライト予定日が決まってなかったのでそういうと、「オンライン予約してから電話でペットの登録できますよ」との答え。

数日後、いよいよ予定日が決まって、言われた通りオンラインでチケットを予約してからカスタマーサービスへ電話。すると、「あ〜こういうときは電話で予約するほうがいいんですよ。ってのは1フライトにつき4匹までしかペットは乗せられないので、先にそっちを確認してからチケットを発行したほうがいいので。」って!
まぁ、4匹も1フライトに乗る事なんてめったにないから大丈夫でしょうと思ったら、数日たっても予約完了の連絡が届かない。
カスタマーサービスに再度電話すると、「1匹は無事登録できたんですが、実は同じフライト(アムスーシュトゥットガルト間)ですでに3匹登録されたので、もう1匹は無理です」って!!!なぬ〜〜〜?!
別々に飛ぶわけにはいかないので、追加料金を払って(一人当たり€50)フライトの時間を変更、朝に飛ぶはずが夕方となりました。

イギリスは島国なので、EU域内とはいえ、ペットの移動は制限がいろいろあります。幸い今回はイギリス→ドイツなため、必要なのは、Rabies(狂犬病)の予防注射とEU内を移動するためのEUペットパスポートのみでした。
引っ越しが決まったのは6月の終わりだったのですが、すぐVetに連絡しEUパスポートの申請とRabiesの注射を予約。猫ズは去年の8月〜9月に普通のVaccination(ワクチン接種)を済ませていたので、少し早いけどRabiesのと同時にBooster(追加接種)もお願いできるか聞いたつもりでした。

いざ注射の日になり(夫が連れて行ってくれました←ここ要注意!笑)すべて順調にいってペットパスポートもすぐ発行してもらい、これですべて整ったね〜!なんてそのまま忘れてたのですが、、、

出発の2週間前くらいになってパスポートと見ると、なんとBoosterの記載がない!しかも9月の初めに去年のは切れている。。あわててVetに電話して、Boosterもお願いしたはずなのに、、、と確認すると、威勢の良い受付嬢に「あ、Boosterはしてないですよ〜!予約しますか?」って。いや、もうロンドン住んでないし。。

仕方がないので夫の実家近くのVetに連絡をいれました。無事Boosterも済ませ、念には念をいれてと「ほんとにこれ以上なにも書類とかいらないんですよ、ね!」とVetに確認し、やれやれ気がついて良かったね〜と胸を撫で下ろしたのもつかの間、、、

ダブルチェックにと、KLMのサイトを何気なくみてたら、こんな情報が!今までどこに隠れてたの〜!?

Your pet needs a valid health certificate signed by a qualified vet. The certificate should be issued between two and eight days prior to departure.

あわててKLMに電話するとやっぱり【8日〜2日前に獣医のサインの入ったCertificate(健康証明)を取得する必要がある】という決まりになっているとの答え。
ペットの予約時に、さんざんこちらから必要書類は?って確認してたのに、いつも「ペットパスポートがいりますよ〜。」のみ。また、UKは再入国の際に検疫が厳しくて、留め置きされないためにはいろいろ手続きが必要なので(2012年1月から、EU基準になるのでそれは全て廃止になる予定だそうです!)「UKにつれて帰るなら、これとあれとこれとあれが必要ですよ。(←私の場合は近い将来につれて帰る予定はなかったので無駄な情報)あ、それからフライト当日はできるだけご飯あげないでくださいね」ってばかりでHealth Certificateの必要性なんて誰もいってなかったじゃん!ハァハァ

、、、と言っていても仕方がないので、先週Boosterに訪れたVetに再度電話。
Vetに確認したときは、ペットパスポートだけで十分て言われたんですが、飛行機会社側によるとHealth Certificateがいるんですって!っと言うと、「あ〜うちではFit for travel certificate(旅行に支障ない健康体という証明)っていうんですよ〜」ってそんなのあるんだったらどうして必要って言ってくれなかったの〜!ゼイゼイ

なんというか【自己責任】の国なんだなぁって改めて実感。ふぅ〜。。

早速またVetへ連れて行き無事Certificateをゲット!小柄なTsukiは、キャリーに入れても余裕で6キロ未満なのですが、Kumoはこの頃わんさかと毛がはえてきてあれよあれよというまに体重が増加。自分で計った時は、キャリアーにいれて5.9キロほどあったので、心配していたのですが、親切にキャリーに入れて計ってくださり、5.6キロなので、まぁ大丈夫でしょう!と念をいれて、Certificateには、キャリーの重さも記載してくださりました。実際チェックインの時に、個別に計られましたが、Kumoは結局キャリーにいれて5.7キロでした。

空港での手荷物検査では、猫はキャリーから出して通らないといけないので、TsukiはともかくKumoはこわがって暴れるだろうな〜。。と心配していたのですが、ハーネスをつける練習を続けていたのがよかったのか、どちらも拍子抜けするくらい従順でホッとしました。Tsukiは、キャリーからすんなり出てくれ、同行していた義母に大人しく抱かれて、金属探知ゲートをくぐる事ができました。Kumoはなだめてもすかしてもキャリーから出てこなかったので、キャリーを縦にしてむりやり出てもらいましたが、怖かったのか私に必死とつかまったままでいてくれたので(普段は抱かれてもイヤイヤすぐするのに、、)これも難なく金属探知機を通過、その間係員さんたちが、「かわいいですねぇ〜」やら「ゴージャス!」やら連発してくれて、他の部署からわざわざ見に来てくれた人もいたりして、大空港のアムスはともかく、地方空港のノリッジではめったにそんなイヴェントはないらしくいろいろと親切にしてくれたのが、とっても有り難かったです。



1年ぶりにパスポートと健康証明(health certificate)を取り出してみたら、誰かがすぐに「なにしてるの〜?」とチェックにきました。

Tsukikumo passports
アヤシげな匂いがします。。


...っていうか、1年ぶりに取り出したって事は、、、あちゃーまた追加のワクチン接種忘れてた?!
関連記事

| お引っ越し | 21:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

呼び方が変わるなんて、こちらは知らないんだから統一してもらわないと
すっごい困るのに!
獣医さん、不親切.....
念入りに確認してほんとに良かったですね〜
でも空港の方々は感じが良くて、tsukiちゃんkumoちゃんが必要以上に
怖がらずに済んだかしら?
6kg以下か....カノは無理だな(笑)

| mogu07 | 2012/10/07 11:14 | URL | >> EDIT

うわ〜それは大変でしたね!
6kg制限という事はうちの女王様は機内持ち込み無理なのね・・・(汗)
動物連れの引っ越しってタダでさえ大変なのに、
それが国際引っ越しになるとその倍以上大変ですよね。
そうか、イギリスは日本と同じ島国だから規制が多いんですね。
ペットの引っ越しで何が大変かって言うと、
皆さん揃って書類を揃えるのが大変だったっていいますもの。
無事にすんで本当に良かったですね!
ふふふ、美ニャンな2匹は空港で人気者だったんですね〜

| Queen Sasha | 2012/10/07 23:45 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

moguさん

長々しいの読んでくださってありがとう。^^
成猫で、キャリー込み6キロって、なかなか難しいですよね〜!(>_<)
ロンドンからだと利用したかもしれないルフトハンザは8キロだったんで飛行機会社によって基準はまちまちみたいです。
室内飼いでお外の世界に慣れてないからパニックになってしまうのでは、、、と心配してましたが、Tsukiなんかはキャリーから興味津々周りを見てました。案外図太かったみたい。^^

そうなの!名前くらい揃えてくれてもいいじゃん!って思いますよねっ

| tsukikumo | 2012/10/08 11:49 | URL |

Re: タイトルなし

Queen Sashaさん

長いの読んでくださって、ありがとう〜です!
あ、やっぱり女王様も6キロだと難しいですか。。^^;
飛行機会社によって8キロってとこもあるみたいですが、基本的には小型犬(チワワとか)とかを想定しているのかなーと思いました。
イギリスもかなりEU圏内で規制を緩くして来ているんですが、やっぱり島国なのでいろいろありますね。。
海外から日本へ帰られる方とかのお話をきくと、ウチのなんか甘いってなくらい書類集めは大変だし、機内持ち込みはできない場合も多いし、ペット連れの引っ越しは、少ないに越した事ないですね。。

| tsukikumo | 2012/10/08 12:02 | URL |

これは大変な経験を、、、
狂犬病発症国のタイ国からなら、ある程度仕方ないかなーとも思うのですが、島国ってだけでイギリスからも大変な手続きがあるとはびっくりだわ。
というか、必要な書類があるのがわかっているのなら、先に言ってよって叫びたくなりますね。

動物の客室持込みってエアラインによって随分違うんですね。
TGの日本行きだと、キャリー込みで10kg.で1機に付き2匹までと規定されているから、大抵のネコちゃんはらっく楽なのにな~

さすが、TsukiちゃんとKumoちゃん、空港職員のアイドルになってたんですね~(o^-^o) ウフッ



| しぇりーとぱーず* | 2012/10/08 13:20 | URL | >> EDIT

大変!

私も(実家に)犬がいるので、ペットの移動には興味があります。
読ませて頂きましたが、なんだかとてもややこしくてアタマ痛くなりそうです〜。
TukiちゃんKumoちゃん達が元気に可愛くドイツに上陸出来た裏側では、Tukikumoさんのご苦労があったのですね。
情報収集も必要だけど交渉力(+英語力)も必要なんだなぁと思いました!

| URARAN | 2012/10/09 09:17 | URL | >> EDIT

Tsukiちゃん&Kumo君がドイツへ上陸するには
大変だったんですね〜
って、いうかやはり航空会社や病院の方がしっかり対応
してくれていればスムーズにいったのにね。。
やはりそんなところがイギリスですかね〜。
くろを連れての帰国は今のところ予定はないのですが、
いつそうなるかわからないし、まったく知識がなかったので
色々参考になりました。

| kiwisoda | 2012/10/11 16:05 | URL |

Re: タイトルなし

しぇりーとぱーず*さん

そうなのー!ズルするつもりじゃないんだし、ちゃんと言ってくれたら用意したのに、、、って何度怒ったことか。。。^^;

タイは狂犬病発症国?それはペットの移動になるといろいろ大変そう。。(>_<)
えっキャリー込みで10kgもいけるの??いいなぁ〜!!

イギリスは島国だけに、規制が厳しいんですけどこれでもかなり楽になったほうみたいです。

地方空港だけに、猫好き職員がワラワラ集まって来て猫談義に花が咲いて〜ってのんびりしてたら、後ろに並んでたビジネスマンに叱られたのもいい思い出です。^^

| tsukikumo | 2012/10/11 16:15 | URL |

Re: 大変!

URARANさん

ご実家(ということは日本?)にわんちゃんがいらっしゃるんですか〜。^^
日本もイギリスみたいに島国なので「持ち込み」する方だとかなり大変なんですが、日本→ドイツだったら、日本側がきっとしっかりしてるし、なによりも日本語でできるから、きっと大丈夫です!
出発前までがいろいろ大変だったけど、そういえばドイツ入国時には審査もなにもなかったんですよー。i-229
語学力かぁ、、、ドイツ語がんばらなくっちゃ。。。

| tsukikumo | 2012/10/11 16:21 | URL |

Re: タイトルなし

kiwisodaさん

そうなの、、、さすがイギリスって感じだった。。^^;
まぁあまり期待してなかったから、ある意味想定内だったんだけど。。これっていい事なのかしら?!

イギリス→日本は島国同士なのでかなり規制があるかも。
引っ越ししないに越した事ないよね〜〜〜ってくろすけくん言いそう。^^

| tsukikumo | 2012/10/11 16:27 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tsukikumo.blog132.fc2.com/tb.php/158-b5fe9f9b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。