<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

Mad Cats and Englishwomen, BBC2

今日は、ちょっと長くてシリアスな話。悲しい気分になりたくないときは、スルーしてくださいね。
折り畳もうとしたのですが、上手く働かないので、写真の下から続きをはじめます。

tsukikumo on CAMERAtan
iPhone 'CAMERAtan app' thanks to Catswhiskersさん♪

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿


昨日の夜、BBC2で放映されたWonderland: Mad Cats and Englishwomenを観た。
悲しくて虚しくて、そしてeducationの大切さがいかにこの国でneglectされているか画面から伝わってきて、苦しくなった。ストーリーは、ロンドンには、100万頭以上の猫がいること、でもすべてが飼い主に愛されて幸せに暮らしているわけではないこと、その状況を少しでも改善しようと奮闘するチャリティー団体(1960年代モデルとして活躍したシーリア・ハモンドが立ち上げた)と、イーストロンドン郊外のダゲナムで、個人で捨て猫を保護しているパットという女性に焦点をあてて、飼い主が無知で無責任なまま猫を飼い始め、飼い続ける事ができなくて、見捨ててしまったり、チャリティー施設に持ち込んだりする様子を、淡々と描いている。どちらも状況が許す限り猫の境遇を改善しようと活動しているのであるけれど、段々とそれが重荷となってきている現状が赤裸々に語られる。

チャリティセンターに、タビーを引き渡しに来たある女性は、2、3ヶ月自分の故郷(国外)に帰る予定となったので、その間どうしても猫の面倒が見れない、そんな理由で自分の飼い猫を手放す決心をしてきた。別れ際、大泣きになく飼い主を静かに見守ってたシーリアが、後で「泣くって行為は、余裕がある人だけに許される特権(甘え)なの。わたしなんてそんな余裕与えられてない」と言う。センターに収容された猫たちは、どれも人の愛情に飢えている動物らしからぬ態度で媚を売る姿が痛々しい。避妊の大切さを切々と説く彼女や他のスタッフの言葉は、ニンゲンたちの耳を素通りしていく。そうして次々と生まれてくる子猫たち。それでも、シーリアの団体に保護された猫たちはまだ幸せな方だ。
荒れ果てた貧民層の住むダゲナムで、捨て猫を見捨てることができず、どんどん引き取ってしまうパットの状況。30匹以上も猫を自分の家に引き取って面倒みつつ、街をパトロール、道路をさまよっている猫を見つければ飼い主に注意して、無責任な彼らから逆に「いらないからもってって」と言われてしまう。そんなパットもまた無知/無教育の枠から出られない。猫を30匹も飼うってことは常軌を逸している、強いては猫の健康に良くないかもしれない、それにパットは気付かない。汚れ果てたガスコンロに置き去りにされた鍋から猫が勝手に食べていたり、寝室もリビングも猫が鈴なりになっている。パットは「男にはもうこりごり。猫は裏切らないし、求めない。」と言いながらも「ダゲナムなんてホント死に場所として最悪。猫の世話に追われる生活で死にたくない。誰か(男)に面倒を見てもらって最後の10年くらい、私の事だけ考えてくらしたい。」と本音を漏らす。白昼のさなか、沢山の働き盛りの男女がふらふらと、家にストリートにいるその暮らしぶりからは、英国で問題になっている何千万といわれる生活保護者たちの無知、無教育、無責任、無無無ばかりの人生、それが二世代、三世代に渡って連鎖のごとく続いていく様子が垣間みれる。この負のサイクルが、猫や犬といった動物たちにのしかかって来ている、そんな事実を突きつけられて、心が痛まない者はいないだろうけど、だからといって、解決策は簡単には見つからない。

猫を飼おうと決心した時、本当は、保護団体から猫を引き取りたかった。でもいろいろな要因が重なって、結局個人ブリーダーさんからTsukikumoを買うことになった。保護団体やrehoming groupと連絡を取って感じたのは、文章も満足に書けない人たちがほとんどだったという事。外国人ならまだしも、明らかにここで生まれ育ったイギリス人たち。善意の人ばかりだったけれどインテリジェンスな人たちじゃなかった。そんな彼らとパットや、シーリアと働くスタッフの姿が重なって複雑な気分になった。
関連記事

| ねこの日常 | 20:10 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

悲しいですよね

こんにちは。私も番組みました。ため息が出て来ました。人間って本当に勝手な生き物ですよね。私も昔ボランティアをしていた動物保護団体から猫をもらおうとした事があったけどフラットに住んでいるから普通の猫はダメでした。猫エイズの子なら良かったのですが、今後日本に帰って夫の実家の一軒家に同居する事を考えると完全家猫は無理かなと思い私も保護団体からもらう事を諦めました。その辺りの決まりをもっと緩めてくれるともう少し保護団体から猫をもらう人達も増えるのにと思ってしまいます。

| 猫婆 | 2010/10/29 06:48 | URL |

先日は温かいメッセージありがとうございました…!
実はこの番組私も見てました…。
私も以前、キャットレスキューをしている女性宅へ
ネコを見に行ったことがあります。
ゴミ溜めみたいに散乱し悪臭が家の中に
ニャンが沢山いて…。
足がすくんで引き返したい気持ちに駆られました。
シーラたちの活動には本当に頭が下がります。
後を絶たない無責任な飼い主の対応や
猫の保護に奔走される彼女たち、
疲れ果てて限界に来ていますね。
ネコだけじゃなくって自分の人生さえ、
うまく舵がとれていないのだから…。
悪循環が断ち切れない現状、一体どうしたらいいのか…。
せっちゃんのことで頭が一杯でしたが、
人間の身勝手さの犠牲になったねこたちの現実を目の当たりにし
頭にがつんと一発くらったような気分です・・・。

| Isis | 2010/10/29 09:17 | URL | >> EDIT

Re: No title

猫婆さん

やっぱり猫婆さんもそんな経験がおありでしたか!私たちも保護団体で働く人々の事は本当に尊敬しますが、動物を大切に守ろうとする気持ちが強すぎて人間に対して警戒心が強いような気がして残念でした。せめて私にできることは、家に来てくれたTsukiとKumoの猫生を責任を持って幸せ&愛情いっぱいで全うさせてあげることだと思ってます。

Isisさん

せっちゃん、がんばってますね!人見知りが激しいというせっちゃんも、きっとVETさんたちがせっちゃんの回復を助けようとしてることを分かってるんでしょうね。このままスムーズに回復しますように!

> ネコだけじゃなくって自分の人生さえ、うまく舵がとれていないのだから…。

本当に、そうですよね!!番組を見ててシーリアもパットも自分の人生を幸せにしようとする事を忘れてしまっているように思えました。義母が、いつか夫に言った「人間というのは、自分を愛せる分量だけしか、他を愛せない、だからまずは自分を愛するところからはじめなさい」という助言を思い出しました。

| tsukikumo | 2010/10/29 23:37 | URL |

はじめまして

はじまめして
コメントありがとうございました。
イギリスは様々な動物愛護団体が寄付によって運営されていますよね。日本よりも歴史がありかなり進んだ動物福祉国家というイメージがあるのですが、実際はどうなのでしょうか。私のブログでは全く触れていませんが、とても関心があるトピックです。
また遊びに来ます。

| みみこ | 2010/11/01 20:55 | URL | >> EDIT

こんにちは、先日はブログにコメントありがとうございました。
この番組私も見ました。チラッと途中だけ見たのですが、キャットレスキューをしている女性の家が映し出されて、見るのをやめることができませんでした。。。
猫を助けること自体は頭が下がる行為ですが、あの現状では猫にとっても回りにとってもいいのかどうか疑問です。
全部見たわけでなく、10分ほどそのシーンを見ただけだったのですが、本当にイギリスの生活保護のシステムには疑問を感じます。疑問というか、私たち外国人への扱いと比べると疑問というよりは憤り。。。と、私もまだまだ勉強不足なのでこれ以上はやめておきます。話がそれてしまいましたー。またつきちゃんくもちゃんを見に来たいと思います!

| mad | 2010/11/01 23:37 | URL |

Re: はじめまして

みみこさん

コメントありがとうございます。
そうですね、動物愛護団体の実態は、、、残念ながらネガティブな経験を持った人が多いみたいですね。でも、月極募金とか個人の小口寄付が一般的に受け入れられているのは、スゴい事だと思います。うちでも愛猫家なのにRSPB(野生の鳥とかその環境保護団体)に毎月ちょっとづつですが寄付してますが、日本だったらそういう活動団体さえ知らない状態だったので、そう言う意味では、動物愛護に限らずチャリティは歴史が長いだけあって広く浸透しているなぁと思いますね。
ほぼ飼い主ばか話ばかりのブログですが、是非ちょくちょく覗いてくださいね♪

| tsukikumo | 2010/11/02 16:52 | URL |

Re: No title

madさん

こんにちは!訪問ありがとうございま〜す。

> 本当にイギリスの生活保護のシステムには疑問を感じます。疑問というか、私たち外国人への扱いと比べると疑問というよりは憤り。。。と、私もまだまだ勉強不足なのでこれ以上はやめておきます。話がそれてしまいましたー。

ほんと言い出すときりがないので、私もあえて触れない領域なのですが(苦笑)、また政府が変わってシステムにも少しは変化があるのかなぁと期待反面、すでにもう移民法がどんどん厳しくなってきているので不安も大きいです。。Tsukikumoを見てると、猫はいいなぁと心底思いますね。(笑) また是非遊びにきてくださいね。私もお邪魔しま〜す。

| tsukikumo | 2010/11/02 17:09 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tsukikumo.blog132.fc2.com/tb.php/54-ff75c4ec

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。