<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

グリューワイン&秋の風景

今年も11月28日からクリスマスマーケットが始まりました!
昨日丁度中心部を通る用事があったので、ついでに覗いてみましたが、あいにくしとしと雨は降ってるわ、お空は灰色で暗いわ、人はあまりいないわ、でなんか物悲しい風景だったので、写真撮らずに帰ってきました。^^;
やっぱりクリスマスマーケットって、暗闇の中に暖かい明かりにあふれた夜に行く方が、雰囲気があっていいかもです。

義兄の滞在中は、まだマーケットがたってなかったのですが、かなり気温がさがってたのもあってアイスリンクがシュロッスプラッツ(Schloss Platz シュトゥットガルト旧市街の真ん中)にすでにオープン。その傍にグリューワインやスナックを売る店が数店でてたので、ある夕方、友達も交えて今年初のグリューワイン飲みに繰り出しました。

Cheers by G Nov 2012
かんぱーいっ

グリューワインだけどまるでビールグラスのようなものに入ってきます。かなりの量に見えますが、飲み易いからすぐ空になっちゃってました。。^^;
下戸の私は、外でアルコールなしのドリンクを飲むとすぐおトイレにいきたくなるので、カリカリのフレンチフライを飲み物がわりに頼みました。あげたてで美味しかった〜♪

グリューワイン屋さんの看板。
↓ ↓ ↓
Glühwein shop by G Nov 2012

夜がふけるにつれてどんどん人が増えて、偶然ほかの友達の群れとも会って合流したり、楽しいひとときを過ごしました。

飲み易いけどアルコール度はかなり高い?ので、(それとも元々飲み過ぎた?!)
酒豪の義兄も夫も次の朝はちょっとぼーーーっとしてましたけどね。^^;

Kumo by G Nov 2012
二日酔い?

それでも、ふたりで自転車にのって写真大会に出かけていきました。行った先は、中央駅〜線路に沿って細長いSchlossgartenだったみたい。

秋の風景を収穫してきました

Amazing colour by G Nov 2012

Platanenallee @ Schlossgarten
Milky way by G Nov 2012
プラタナスの植えられたまっすぐな遊歩道がローゼンシュタインパークまで続きます。
光の加減でまるで銀河のようですね〜


Kumo by G Nov 2012_2
ボクにお土産は?


以上、義兄のフォトコレクションからでした〜☆

| シュトゥットガルト | 15:39 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

最近月雲亭にやってきた...

また来年ね!といって去っていった煙突掃除屋さんが、もう月雲亭へやってきました!
去年は10月の半ばに来たのに、今年はもう??ってちょっとびっくり。

そういえば、去年10月に引っ越して来たとき、まだ半そでで居られるくらい暖かかったんでした。
もしやこれって「今年の冬は寒いですよーーーっ」ってサイン???やーーんっ


毎日ほど履いてたサマリーな靴とももうお別れ??

good bye summer


そろそろ、もこもこブーツの出番??

time for boots

(Kumoは年中履いてるんだけどさ。^^;)


冬から春もあっという間に気温が上がったけど、夏から秋→冬もこうやってあっという間に寒さがやってくるのがここらの地域の特色なのかなぁ。
寒いのは、特に苦手じゃないし(暑い方がダメ。。。)こういう季節の移り変わりって、お日さまの光線具合とか、公園の木々の変化とか、毎日少しづつ確実に変化するのを見るのが楽しみで、これからの季節ってワクワクします。
(夫も私も秋冬生まれだからかなぁ〜



煙突掃除屋さんに引き続いて、我が家にやってきたのは...

知人からのパワー溢れる贈り物♪

Tsuki and Shiso

青々とした紫蘇!!!


ただいまーっとウチに持って入った瞬間、夫が「何?何の匂い??」っていうくらい紫蘇のカホリが〜〜
今までいろんな方のブログで紫蘇栽培の話を見るたびに、いいなぁ〜いいなぁ〜って指くわえて見てたので
(でも自分で園芸屋に行って買うほどの勇気は出なかった。。^^;)
めちゃめちゃうれしい〜〜!
さっそくご飯に混ぜたり、ミジンに切ってハーブ代わりにしたり、シーズンが終わる前にと大活躍させてます。

しかも「毎年山ほどなるから、うまく冬越せなかったらまた来年分けてあげるよ」なーんて、優しい言葉までいただいちゃいました。園芸はド素人だから、虫にたかられたリ枯らしたらどうしよう〜ってちょっと不安だったので、ほっ☆

ネットで調べてみたら、紫蘇は猫には無害みたいですね。むしゃむしゃ食べる猫ちゃんもいるようですが、我が家の猫ズは、くんかくんかしてはツーーーンッて顔して後ずさりしてます。^^



☆気がついたら、訪問カウンターが10000超えてた〜!相変わらず気まぐれのろのろ更新やってますが、ちょくちょくチェック頂いている皆さま、ほんとにサンキューです。これからも、TsukiとKumoの平和なのんびり生活をポツポツ綴っていきますのでどうぞよろしく。m(_ _)m☆

| シュトゥットガルト | 09:33 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

シュトゥットガルトでお散歩:熊湖のある森編

いよいよロンドン五輪はじまりましたね!
日本のサッカーチームがイキナリ、スペイン戦で勝ったみたいですね。女子チームもがんばって〜

とはいうものの、あまりオリンピックには興味がない私。^^;
夫に言われるまで日本チームが対戦していることすら知らなかったの。。。



少し前のある週末、思い立ってウォーキングに出かけました。灰色の雲に覆われてしとしと雨の振る、まるでイギリスにいるかのようなお天気の日だったのですが、夫いわく「こんな天気の日こそ、ウォーキング日和だね!」
たしかに森に入ってしまうと,木々のおかげで雨もあまり落ちてこないし、暑すぎないので歩きやすいんですけど、このメンタリティーってとってもイギリス人っぽい気がします。^^

雨よけの上着も持って、お弁当もって行った先は、Rotwildparkという森にあるBärensee(熊湖)とBärenschlössle。Bärenschlössleとは、ちっちゃな熊のお城ってとこでしょうか。
(ドイツ語は詳しくないのですが -leというのが語尾についたら「ちっちゃな〜」というような意味になるそうで、これはシュトゥットガルトのある地方の方言だそう。)
森とはいっても実はシュトゥットガルト中心街から電車とバスを乗り着いでたった20分程の距離のところにあります。

シュトゥットガルトでの暮らしを綴っておられる由麻さんのブログ明日、晴れるといいなで、この森のことを読んでから、ずっと行ってみたかったんですよー。

バスを降りたら、ちょうど雨がやんで、ほんの少し晴れ間が向こうにみえてました。

森へ続く道を上がったらこんな道路標識が。
Baerenschossle_1.jpg

とりあえずこの標識に沿って歩いていく事にしました。木々のおかげで気がつかなかったのですが、いつの間にかまた雨が降り出していたようです。Bärenseeまできたら雨で水面が波打ってました。

Baerenschossle_2.jpg

丁度枝が重なり合って雨が落ちてこない場所にベンチがあったので、そこでピクニックをすることに。
雨が降っているはずなのに、すっぽりと木々に守られて乾いた空間で食べてると、鴨もわらわらよってくるは、散歩途中のファミリーも「何で濡れてないの??」という不思議顔でよってくるは、なんだか注目の的になってました。しかもそんな場所で、純日本風のお弁当だったし。^^

Greedy duck
何かくれよーーーっ


ご飯を食べ終わるころ、また雨があがったので、湖の回りをぐるりとまわってお城(といっても実際はレストラン&カフェ)まで行ってみる事にしました。

こんな風景を楽しみつつ↓
Baerenschossle_3.jpg

こんな道を↓
Baeenschossle31.jpg

ぷらぷら歩いていくと、ジョギングする人や散歩する人がどんどん増えてきました。雨もすっかりあがって、晴れ間が広がり始めました。

この頃ピンぼけの技術磨きに余念のない夫の自慢の一枚^^
Baeenschossle32.jpg

カメラに凝りだした頃、ある日いきなり
ボケって知ってる?」と尋ねられ
「それは、アホとかバカとかと同じ感じで使う言葉やから、つかわない方がいいよ」と教えてしまった関西人な私。。
その後、カメラ用語として、英語でも'boke'と使われている事を知り「ピンぼけのぼけねー」と分かったのはいいのですが、やっぱり「このボケが、、、」とか言われると、ちょっと違和感があります。^^;

Bärenschlössleから見えた対岸の風景↓

Baeenschossle_6.jpg

なんのための建物か分からないですが、色合いといい、そこへの道筋の付け方といい、なんだかおしゃれな風景でした♪

Schlössle内のカフェでお茶して、また雨が降り出さないうちにBärenseeにつづいているNeuer Seeの湖畔をぶらぶら歩いて、バスの時間がきたのでまた市街地へ戻りました。

交通メモ
S-bahn Universitätから92番バスでSchattengrund下車。(1時間に1本)


猫ズともどもイギリスに帰る予定だった夏休み、いろいろな事情が重なって結局シュトゥットガルトにいる事になってしまったので、これを機会に近郊のこうした「ちょっとした散歩場所」をたくさん見つけていきたいです♪

| シュトゥットガルト | 22:02 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

夏が来た?

過去写真の整理を一休みして、天気がいいのでお外にでることにしました。

運動ついでに自転車でよく行くのは、シュトゥットガルト中心部北に広がる大きな公園。19世紀に英国をイメージして作られたイングリッシュ・ガーデンなのです。なだらかな丘陵地帯に、いかにものどかな英国の田園風景ミニチュアが広がっているので、夫と私のお気に入りの散策スポットです♪

普段自転車で通らないルートを走ってみたら、パレスの横にバラ園を見つけました!
ちょうど薔薇が満開の季節を迎えていて、とっても華やか。一緒に植わっているラベンダーもそろそろ開花時期を迎えていて、ここだけ見ていたら、まるでイギリスに戻ったかのような錯覚を覚えます。。

10 Jun Rosensteinpark1


10 Jun Rosensteinpark3

10 Jun Rosensteinpark4

私の大好きなヴィクトリア調の時代劇に出てきそうな場所だね、、、なんて夫と冗談に言ってたら、なんとヴィクトリアン調の服装で、ピクニックしている人たち発見!こういう時、あまり物怖じしない夫はさっそく写真を撮らせてもらいに。

10 Jun Rosensteinpark2
アンティークのやかん、いい味出しまくりですよね。^^
左端の女性は、ヴィクトリア調でなく1920年代っぽいドレス&帽子ですが、私的にとっても好み♥

6月に入ってからしばらく天気が悪くて涼しかったのですが、また日中30℃くらいまで上がり始めました。

そのせいかどうか、、、昨秋こちらに引っ越して来て、ストレートになっていたKumoの後ろ足カール、再びカールし始めたんです!湿気によるものなんでしょうか。。

これって夏が来たシルシだったの?!
要観察だわー!

Kumo backleg
6月9日 まだストレート。。

| シュトゥットガルト | 15:56 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

子供とオペラ体験♪

先週は義母が遊びにきてました。今回の目的はクリスマスショッピングでもあったのですが、オペラ好きの義母なので、シュトゥットガルト州立歌劇場にオペラを観に行きました!

Opera house
州立劇場外観♪

今回観たのは、なんと観客の大半が子供という珍しいオペラ「ピノキオの冒険」です。朝の公演だったのもあって、シュトゥットガルト中の小学生が集結したのでは?というくらい子供ばっかりで、始まる前から蜂の巣をつついたような大騒ぎ。^^;
オペラの長さは、大人向けサイズで休憩も入れると3時間ほどだし、どうなることかと思ってましたが、ジェペットじいさん役が出てきて音楽が始まると、とたんに静かになり、ほぼ集中力も途切れる事なく、ピノキオと一緒になって笑ったり怒ったり怖がったりしていて、かなり感心しました。全てドイツ語なので、私はおぼろげにしか覚えてないピノキオの話を懸命にたどるのに必死でしたが、とにかく舞台装置と衣装が凝っていて、それだけでも目に楽しいオペラでした♪

Pinocchio1.jpg
ジェペットじいさん登場!

カーテンコールの時は、子供たちが一斉にキャ〜キャ〜歓声を上げて、劇場が揺れてるのではというくらい大音響で大騒ぎでした。朝の公演にも関わらず熱演を繰り広げた大人の歌手/アクターたちも、心底うれしそうでした☆

Pinocchio2.jpg
キャスト勢揃い〜

Pinocchio3.jpg
コーラスも大活躍〜

Pinocchio 4
そして大人気だったクリケット♪
劇場を出て帰途につく子供たちの列から、劇中のクリケットの歌が聞こえてきてそれはそれはかわいかったです〜^^
Kater.jpg
悪役の狐と猫には、容赦のないぶーーーーっの大合唱が降ってました。^^

Kumo as Kater
ふっふっふ〜〜悪役だって〜〜〜

に、にあいすぎ、、、(汗)




ちなみに月曜は、運命の滞在許可証申請日でした。(笑)

ところが、、、

前回とは打って変わり、対応した職員はとても気さくで英語もオッケー!
ドイツ人の友人に同行を頼んだのが恥ずかしいくらいスムーズに進み、約30分ほどで滞在許可証を手にする事ができました!友人には、朝早くから来てもらって本当に感謝です。

義母と入れ替わりに今週は夫の双子兄が滞在する予定です。カメラ狂の彼のこと、シュトゥットガルトの冬景色や猫ズの写真をいっぱい撮ってくれると思います。追々アップしますので、お楽しみに☆☆

| シュトゥットガルト | 17:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>